SSブログ

かじったのは何? [舞台]

一般発売で何とか手に入れたチケット。
バタバタして危なく行くの忘れるところでした(^^;)
mさん、メールありがとうございました♪

●「あわれ彼女は娼婦」
2006.7.25(火) 19時開演
Bunkamura シアターコクーン 2階D列27番

もともと舞台自体をたくさん観る方ではないんですが
実はこういう題材は得意じゃないんですよ。
「天保十二年〜(上川版)」観た時も[んん?]って感じだったし。

で・も!
三上博史&深津絵里&谷原章介ですよ。
気になるお三方。
蜷川さんの作品はあまり...な私もコレは観とかなくちゃ!って。

18時前に着いたら、当日券を買う人かな?
すんごいたくさん人がいてびっくりしましたわ。

ネタバレばんばん書いてますので
コレから見る方はご注意下さいね。

苦手なのは分かってたので、観る前に
ある程度の知識を入れるようにしてから観ました。
だから、なのか元々なのか分からないけど
話はとても分かりやすくなってましたね。

あぁいうあまり動きがなくてセリフをとうとうと言う
タイプの舞台ってもしかして初めて観たのかな、私。
すごく違和感があったの。
セリフ自体も固かったしね。

コクーンはたとえ2階の後ろから2列目でも
表情が見えるので見やすい劇場ですね。
普段は1階でしか観てなかったから
贅沢してたなぁ〜って思ったけど。

出演者の皆さん、迫力があってすごかったよぉ〜。
主要な方々はそれぞれ見せ場があったしね。

以前蜷川さんの舞台を観た時のような
「これはちょっと...」というような事はなく。
こういう話ならこうなるのも分かる、というか。
まぁ最後がちょっとすごい事になってたけど。
でも原作者の意図だろうからね。

恋人同士がとても美しく描かれてる作品だと思う。
パンフにあった蜷川さんの「禁忌でもいいよ」って
応援してる気持ちが素直に現れてる、という感じ。

苦手なタイプの作品ではあるけど、表現の仕方は好きかも。
私の蜷川さんに対する苦手意識が少し減ったかな。
これで[エレンディラ]を楽しみに待てそうだわ〜♪

あ、でも笑いは合わないかも。
他の皆が笑ってても「何に対して笑ってるのか分からない」ってトコ多かったし。
やっぱりシュールなのよね、大人というか。。。

この人が観たいが為に行ったんだけど、
やっぱり三上さんが一番すごかった!!
ラストのシーンはもちろん、
全編通して本当にこの人は表情が語るんだよねぇ。
なので動きが少ない時はオペラグラスとお友達しちゃった。

とても美しい恋人同士だったの。
幸せな時の2人の様子がとても微笑ましくて
だからこそ後半の切ない表情が痛かった。。。

深津さんは2幕の激情を表すところが
声が嗄れちゃってた感じがしたけど
それはそれで感情が現れてて良かったのかな。

あそこは谷原さんもすごかったなぁ。
あぁいうイメージがないからすごくカッコ良く見えた。
いや、まぁその前から貴族の衣装が
すごく似合っててカッコ良かったけどね。

あと、深津さんの最後の衣装、めちゃ可愛かったなぁ。
髪型も可愛かったけど。
本当は美しい、なんだけどもどうしても可愛いなぁって。

あのね、三上さんの基本の衣装、
白のブラウスに黒のロングスカートっぽいやつだったの。
でもって髪が長くてクルクル。
どぉしてもアッキーのマタドールを連想しちゃって〜(←バカファンだから)
アッキーは青年の色気、って感じだったけど
三上さんは大人な色気? 
すんごく美しかったぁ。苦悩する表情も。

最後はほとんど皆死んじゃうのねぇ。
悲劇ものって観たあとに気持ちが落ち着かなくって
どうしたらいいのか分からないわ。

ラストのシーンのジョバンニがかじったのって
実はなんだったんだろう。
そんなたわいもない事が気になる私でした(^^;)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 2

もも

おはようございます。昨夜は楽しまれたようで、良かったです。
私も三上さんの舞台は初めてだったんですけど、うまいですよね!
後半は本当に圧倒されました。ドロドロした内容なのに、二人の禁断の愛に
純粋さを感じました。
by もも (2006-07-26 07:28) 

mimipon

>ももさん
お陰さまでちゃんと観てきましたよぉ★
迫力のある舞台でしたね。
主演の2人の美しさが際立ってましたよね。
演出の蜷川さんの意図が感じられましたね。
by mimipon (2006-07-26 23:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

2006年 Vol.3 立つ!...土日きっぷ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。