SSブログ

映画「借りぐらしのアリエッティ」 [感想]

ジブリ作品は特に好きでも嫌いでもないので、普段は劇場に観にいかないんですが。
今回は特別。

映画「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。

THE GAMEにて主演の隆くん(神木隆之介くん)に
直で「アリエッティ観てください!」って言われちゃったんだもん。
さすがにお願いされちゃあ〜、行くしかないでしょう。

しかもね、奨悟は4日に1回目、2回目とも
(ハンマーセッション観てくださいって)言ってたと思うんだけど
隆くんは言ったの、1度だけだったの。
その奥ゆかしい感じが、またいいじゃないですか。
そのとき「奨悟が言うなら、、、」って頑張って言ってたんですよぉ。可愛らしい[かわいい]

おっと、前置きが長くなりました。

まるっきり設定など知らずに観にいきました。CMで観てた「小人?」ってくらいの情報で。
(この先はネタバレもありますので、読む方はご注意を。)
なんかね、主役2人のコトは知っていたのに、アニメで声を聞いてると分からないモノですねぇ。
他の出演者の方達なんて、みんな知ってる人なのに(帰ってきて公式見ました)
ハル役の樹木希林さん以外は、まるっきり分かりませんでしたからね[あせあせ(飛び散る汗)]

俳優さんなのに、皆さん声優としてもお上手で。
隆くんは淡々とした調子の中に感情がちゃんと入っていて、すごく良かったです。

それにしても、映画を観ながら
「イギリスとかヨーロッパの昔の雰囲気だなぁ。よく妖精とか小人の話とかあちらであるよね。
それに、あの花がいっぱい咲いてる庭の感じとかもそういう雰囲気。」と思ってたら
原作が1950年代の設定のイギリスなんですね。私の感覚、合っててビックリしましたわぁ[わーい(嬉しい顔)]

小人達が借りをしにいくのに、様々な生活用品を工夫して使っていて
すごくリアリティがあって、観ていて楽しかったです。
部屋に入った時の大きく響く音が時計だったり、人が歩くと地響きしたり。


ホンワカした雰囲気で、少しだけ事件が起きて。
「こんなふうに小人がいて、もしかしたら巡り会える事があるのかも」って思えます。
原作は児童文学であるモノの、大人に向けた絵本のような楽しさに出来上がっていて
私は好きな作品です[るんるん]
不純な動機で行きましたが、劇場で観られて良かったデス。



そういえば、予告編とかやってる時に「大奥」のマナーCMをやってました。
ワーナーマイカルだったんですけども。
「BECK」でもあんなふうだったのかと思いながら悔しい思いをしてました。
だって、ちょうどやってる頃にマイカルに行ったんだけど、
レイトショーを観たからやってなかったんだもん!
観たかったなぁ。。。。。。。DVDに映像特典として入らないかな[もうやだ~(悲しい顔)]
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。