SSブログ

強気も必要? [好きなアーティスト]

震災があってから、めっきり空気が変わりましたね。

マスコミによる影響が大きいのか、ちょっとした事にも過剰に反応して。
ガソリンや保存食の買い占め、そして今の放射線物質への過剰反応。
知らない事だったりするから、余計に不安になるのかもしれませんけど。

現状の増えた量くらいだと、人体には全く影響はないそうですよ。
雨に触れても、水道水を飲んでも、ホウレンソウを食べても問題なし。
今の濃度で何十年も摂取を続けたら、人体に異常が出るかもしれませんが。

それだけではなく、なんでも「不謹慎」って空気が流れてません?

野田秀樹さん、現在上演中の「南へ」を15日から上演再開しました。
その際に貼り出していた文章「劇場の灯を消してはいけない」と、
上演続行を決定した理由をサイトにも載せています。

私はたまたま、震災の前日、3/10夜の公演に参加しました。
1日違えば、震災の日だった訳です。
こういうタイミングで観たっていうのは、なんだか意味がある気がします。

野田さんの↑『音楽や美術や演劇が不自由』って面白い言葉ですが、
その状態は確かに心に余裕がなさそうですよね。
今はまだ難しいとは思いますが、もう少し気持ちの余裕ができたら
被災地の方々こそ、そういうモノに触れて欲しい気がします。


私も少し前から書いてますが、イベント等、全て中止にする必要はないと思っています。
本当にね、日本の経済を回さないと、被災地を助けていく事も出来ませんもの。

ただ、今は電力供給が足りないじゃないですか。
そういう意味では、どうなんだろうと思ってしまうのです。

今、計画停電には東京23区はほぼ入ってないですよね。
まだね、公演を行う方々も、家に帰ると計画停電で真っ暗な事もあったり
って話だったりすると、それはお互いさまだから仕方ないよね、って思うのですが。

実際はきっと停電実施にも遭遇していなくて、不自由を感じていない。
だからこそ言える言葉だったりするのかなぁなんて、思ってしまったりもして。
節電はしてくれてるんでしょうけど。
こういう事には正しい答えがないから、難しいですね。


経済学者の中には「計画停電もあるから、外食すればいいんだ」って言った方もいたそうで。
最初聞いた時には「何バカなコト言ってんだ?」って思いましたが、
もう1度考えると、それはそれでいいコトなのかなぁと思ったり。
「経済を回す為にお金を使ってもらう」ってコトらしいです。

出かけてると、電力も使わないしね。
でもね、よく考えたら、計画停電中の地域って、お店も全部閉まってるのよ。
だって近くのお店は一緒に停電中なんだもん。
その為にわざわざ遠くのお店に行くのも、ねぇ?

でもきっと野田さんのように、こういう強い言葉を発する人も必要なんだと思います。
どちらの人も、被災地への復興を願う気持ちは同じでしょうが
どういう経緯で動いていくか、って思う過程が違うんでしょうね。

テレビ番組も通常のものに戻ってきてます。
バラエティ番組はまだ少ないですが。
先日のさんまさんの番組では、抗議が来たりもしたみたいです。

でもだったら、いつになったらバラエティ番組はやってもいいんでしょうね?
復興は長い年月がかかります。
何でも不謹慎って言ってたら、日本はくら〜い空気感でずっと過ごしていく事になります。


まだまだ余震も続いて不安な日々が続いてますが。
早く、
動けるところは日常の動きをしっかりして、
そして、それによって、被災地を支えていける空気感になりますように。

タグ:野田秀樹
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。