SSブログ

Mystic Topaz初日夜 [舞台]

3月に開催される予定だった舞台、やっと開演になりました。

●Mystic Topaz
2011.10.1(土) 18時開演
シアターサンモール H列8番

演出:及川拓郎
脚本:小峰裕之
音楽:浅川岳史(FLOW)
出演:植原卓也、加藤潤一、桜田通、平間壮一、水田航生、柳澤貴彦、吉沢亮
HI3F0857a.jpg

小さい劇場ですね。よく見えました。
ちょうどフラットな列の最後の、ど真ん中。

この劇場、確かずいぶん前に。。。
確かね、初めてMotherを観たのがココ。
場所が分からなくて、開演時間に間に合わなそうになったのを未だに覚えてる。

調べてきた。
 MOTHER♯11『やわらかな壁』 
 1997/7/12〜21 東京 新宿シアターサンモール
ですって。ひょえ〜、もう14年前ですか。
珍しく私がそんな前の事を覚えてたなぁ。

さて、ミストパの話に戻りましょうか。
みんな、役が面白かった。
特に通くん、タッくん、航生くん。
タッくんのおじいちゃんが可愛らしくて良かったですね。
航生くんのくねくねした感じとかも。
ん〜、航生くんは白パンツが似合って、足が長いコト長いコト。

通くんの衣装もカッコ良かったなぁ。ベストとパンツ。
パンツの右足の付け根の辺りに刺繍がしてあってオシャレなの。

キャスト、マイク使ってなかったのかな?双眼鏡で見ても、見つからなかった。
それに通くんが後ろ目にいって話す時に、少し聞こえづらくなったんだよね。

あと通くん、難しい役をすごく頑張ってたんだけど、あれはもっといけると思う。
あのキメるところは、こんな人いないだろう!!ってくらいキメちゃった方が
めちゃ可笑しくなると思うんだよね〜
まだ慣れないのか、照れてるのか。あそこ、これから化けてくれると面白いね。

中盤、2ヶ所程、テンポが途切れるところがあったのが残念でした。
どこが悪いのか、素人の私には分からなかったけど、
なんかふと白けちゃうところがあったんだよね。
あぁいう作品はテンポが良いまま、ダァ〜って行けないとお客さんがついてけないからね。
それも今後を楽しみにしておきます。

でも、全般的にはみんなキャストも魅力的な役で、
あちこちたくさん笑わせてもらったし、メッセージ性もちゃんとあるから
良い作品だと思います。

なんかね、悪い人がいないんだ。
やっぱり観てて清々しいの。

最後の最後、たっくんの「願いは叶うんじゃよ」ってセリフでグッと来たもん。

これから2週間、最後まで頑張って欲しいですね〜


タグ:ミストパ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。